丁子屋(ちょうじや)

静岡県・静岡市(静岡・清水)郷土料理(その他)麦とろ
4.05
¥ 2,000~
¥ 2,000~
木曜日(毎週木、毎月末は水・木休み)

静岡県一の老舗でごはんを歴史を味わえる

名物の「とろろ汁」を存分に楽しませてくれるお店。なかでもお店の名前がつけられた定食「丁子屋」¥3,498円(税込)は、これだけは食べてほしいという従業員の方の思いで作られたメニュー。定番の「丸子」¥1,540(税込)は自然薯とこだわりの原材料で作られた名物のとろろ汁を堪能できます。お座敷のお部屋なので、小さいお子様がいるご家庭も安心して訪れることができます。

「丁子屋(ちょうじや)」への投稿写真

「丁子屋(ちょうじや)」へのレビュー

ahotan

ahotan

2022/01/26

aumo

【丁子屋】静岡県の丸子宿に鎮座する。東海道五十三次にも登場するとろろ汁屋さん。丁子屋さん。静岡に行く時には必ずと言っていいほど立ち寄ってます。理由は美味しいからです。自然薯が。卵焼きが。もう何食べてもうまい。店員さんも皆さん素敵!建物の雰囲気最高!寄らない理由ありますかね。着いたの夜になったんですが、夜は空いてた。これまた最高。ちなみに、まるこやど。じゃなくて、まりこやどです。 #丁子屋 #とろろ #とろろ汁 #自然薯 #丸子宿 #静岡グルメ

DJゴン太

DJゴン太

2020/09/07

aumo

美味しかったです。二人でお腹すかして行っておひつ2つ完食。建物も趣あっていいですがトイレは最新のきれいな装備でした。接客もいいし、和風のBGMが控えめに聞こえ 満足です。 定員さんが片付けするのを見てましたがメニュー全ページと調味料容器全部拭いてました。1596年創業の老舗とろろ汁屋さん    とろろ汁定食、むかごの唐揚げと揚げとろを注文 ご飯の量に比べて若干とろろの量が少なかったのでとろろ汁をおかわり。江戸時代から食べられてたと思うと感慨深いものがある。全て美味しくいただきました。2回目の訪問です。やっぱり美味しい! 海苔で巻いた揚げとろ、是非食べてみて下さい。なので「府中」がお薦めです。入口に歩いて行くと、喫煙所と小さなお土産屋も有ります。お店の中の雰囲気は、江戸時代をふんだんに感じられます。

  • + 5
DJゴン太

DJゴン太

2020/09/07

aumo

江戸時代から受け継がれてきた「とろろ汁」や地元静岡の素材を活かした料理の味を、歴史ある古民家の広々とした座敷席で堪能できる和食店。旧東海道 丸子宿にある、芸能人も多数訪れることで有名な、とろろ汁をはじめとする料理が楽しめる、慶長元年創業の和食店。入り口は、歌川広重の「東海道五十三次」に描かれた、峠の茶屋風の瀟洒な佇まいながら、今風の順番待ちの2次元コード付きレシートを発行し、暫し待つと、奥に広がる古民家の座敷席に通される。メインの小櫃いっぱいの麦ご飯が付いた「とろろ汁」は逸品で、当地を訪れたなら、是非、ご賞味を。

  • + 5
powerful_sunshine_79b8

powerful_sunshine_79b8

2019/11/06

aumo

創業慶長元年の鞠子宿(丸子宿)の丁子屋。味噌味のとろろ汁。麦ご飯はおかわり自由。いくらでも食べられる美味しさ!!趣のある店内へ。 #グルメ #丁子屋 #鞠子宿 #とろろご飯 #静岡グルメ

TOCCHE

TOCCHE

2018/08/31

aumo

たまには健康食。 #ネバネバツアー #静岡県 #静岡市

「丁子屋(ちょうじや)」の紹介記事

静岡に来たらココに行くべし♡絶品グルメが楽しめるレストラン5...

gabo724

静岡でとろろをいただく!足をのばしてでも行きたいおすすめ4選...

mikuuuu_624

新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

「丁子屋(ちょうじや)」の基本情報

名称

丁子屋(ちょうじや)

カテゴリー

郷土料理(その他) 、麦とろ

住所

静岡県静岡市駿河区丸子7-10-10

アクセス

静岡駅北口からバス7番線藤枝駅行き、丸子橋入口下車、徒歩1分 安倍川駅から2,576m

駐車場

営業時間

【月~水曜】 11~15時LO(14時30分以降はお米がなくなり次第終了)。 【金・土・日曜、祝日、繁忙期】 11~15時LO(18時30分以降はお米がなくなり次第終了)。 2019年7月16日~8月31日は11~19時LO 日曜営業

定休日

木曜日(毎週木、毎月末は水・木休み)

予算

¥ 2,000~
¥ 2,000~

公式アカウント

「丁子屋(ちょうじや)」周辺のお店・レストラン

「丁子屋(ちょうじや)」周辺のホテル・旅館・宿泊施設

「丁子屋(ちょうじや)」周辺のレジャー・観光スポット

「丁子屋(ちょうじや)」周辺のチラシ・ショッピング施設

この施設のオーナー様はこちら

おでかけメディア「aumo」を運営するアウモ株式会社では、施設のおすすめポイントやメニューなどを魅力的に紹介する施設ページの開設ならびに記事執筆を行なっております。 また、SNS運用のサポートも行なっておりますので、WebやSNSでの集客に関するお悩みなど、お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちら